電話番号(代表)072-842-2061受付8時~17時 お問い合わせご相談フォーム
オーバーホール

エンジン(動力の源)を再生

当社は、非常に多くの種類のエンジンのオーバーホール、カスタム、レストアなどを手掛けて来ました。一年中、常に数台のエンジンの修理・作業を同時進行しています。分解、調整、組み立て以外にも内燃機も自社内にて行っています。

一口にエンジンのオーバーホールと言っても作業内容の詳細はあらかじめ決まっているわけではありません。内容は大まかに分解作業、点検作業、清掃作業、組み立て作業に分かれますが、そのエンジンの走行距離、経過年数、使われ方などは一様ではないので、エンジンの消耗の程度もまた一様ではありません。この先どういった使い方をするかもオーバーホールメニューを決める上で重要な判断材料です。

オーバーホール作業風景
部品イメージ
オーバーホール作業風景

こういった理由のため、同じ形式のエンジンでも作業内容に相当の違いが出てきます。また、ボルトの張力の劣化やアルミダイキャストのスレッド部の金属疲労、圧入部品に必要な締め代の減退など、マニュアルには記載されていないが性能に影響する劣化がいくつもあります。実作業ではこういった不調の原因を取り除くべく、スタッフの経験と技術判断が重要になり、オーバーホールの結果の良し悪しに大きく影響してきます。

エンジンは精密な機械であると同時に人間の感性に訴える重要なファクターでもあります。気持ち良く回るエンジンや力強いトルクを発生するエンジンも、機械としての機能が十分に発揮されてこそのものです。作業内容をお客様と相談しながらご予算に合わせて効果的なエンジンオーバーホールを提供しています。