電話番号0728888654 お問い合わせご相談フォーム
溶接・肉盛加工

部品の強化・性能向上

一般的に溶接とは部材同士の接合(製缶)のことを指しますが、肉盛溶接は溶接の特徴を表面処理技術として応用する手法です。

肉盛溶接を行う目的には表面改質や形状復元(補修)が挙げられます。品物の表面のみ目的に応じた金属で覆う(肉盛溶接する)ことによって、全体を高価な金属で製作するよりも安価に性能アップが図れます。

また、表面が損傷(腐食や摩耗など)した品物を肉盛溶接により補修することで、繰返しの使用が可能になります。肉盛溶接は、溶射やめっきに比べて厚い層が形成できることや、母材と肉盛層とが冶金的結合することから、耐久性の高い表面改質効果が期待できます。

溶接作業
溶接作業
溶接作業